クリックポストの追跡番号はどこで入力できる?やり方を詳しく紹介!

 

日本郵便の配送サービスの1つがクリックポストです。

クリックポストは、本やCDなどを送るのにピッタリなサービスとなっていて便利なクリックポストですが、実は追跡することができます。

そこで知っておきたいのが、追跡番号を入力するのはどこか?という事ではないでしょうか?

今回は、クリックポストの追跡番号の入力方法などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

クリックポストの追跡番号を入力する前にすべきこと!

クリックポストの追跡番号を入力する前に、するべきことが追跡番号を知っておくことです。

当たり前ですが、追跡番号を知らなければ、追跡番号を入力することができません。

クリックポストの追跡番号の確認は、クリックポストの発送時に印刷した宛名ラベルの横に「ご利用者控え」として印刷されています。

印刷する前のPDF画面でも、追跡番号を確認することは可能です。

また、クリックポストを受け取る側は、追跡番号がわかりませんからクリックポストで送った場合には、受け取る側に追跡番号をメールなどで教えておくのがおすすめです。

 

クリックポストの追跡番号の入力方法

クリックポストの追跡番号を入力するのは、日本郵便のホームページにある「個別番号検索」です。

このページにある、お問い合わせ番号に、追跡番号を入力してください。

入力できたら、「追跡スタート」をクリックすることで、クリックポストの追跡をすることができます。

ちなみに、クリックポストの追跡は、一度に複数の追跡が可能で、お問い合わせ番号は1~10まであり、1度に10の追跡番号を入力することができます。

 

スポンサーリンク

クリックポストの追跡とステータス

クリックポストの追跡では、3つの追跡ステータスがあります。

それが、「引受」「到着」「お届け先にお届け済み」の3つです。

ゆうパックなどでは、「中継」のステータスがあるのですが、残念ながらクリックポストには「中継」のステータスがありません。

そのため、「引受」から「到着」になるまで、時間がかかる傾向があるので注意してください。

 

クリックポストで追跡できない原因は?

クリックポストで追跡しても、反映されていないケースがあります。

クリックポストは、ポストに投函して発送します。

そのため、ポストの集荷時間によっては、なかなか追跡の反映がされないことがあるのです。

そのため、クリックポストを発送したのに、追跡しても確認できないということがあり得るので、1日ほど待ってみて、もう一度追跡をしてみてください。

 

クリックポストで追跡できない場合の対処法

クリックポストで追跡できない場合は、まだ反映されていないケースが多いです。

そのため、まずは待ってみるのが1番の対処法です。

しかし、1日ほど経過しても反映されない場合、郵便局側のミスの可能性があります。

その場合には、ポストに投函した最寄りの郵便局に問い合わせをするのがおすすめで、その際には、追跡番号を準備しておくことで、スムーズに対処することができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、クリックポストの追跡番号の入力方法を中心に紹介してきました。

クリックポストの追跡番号は、印刷したラベルや印刷する前のPDFから確認することができます。

そして、追跡する際には、日本郵便のホームページにある「個別番号検索」に追跡番号を入力することで、追跡をすることができるのです。

しかも、追跡番号は1度に10まで入力することができますから一気に複数の追跡までもができるのです。

簡単に追跡をすることができるため、ぜひクリックポストを利用した際には、追跡をしてみるのがおすすめです。

追跡をすることで、安心することができるはずですよ。

 

【関連記事】

クリックポストの追跡番号は何桁なの?その確認方法とは?

クリックポストの追跡番号はどれなのか?2つの確認方法をわかりやすく解説!

クリックポスト追跡に必要なお問い合わせ番号の確認と利用方法の解説!

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*