反映・配達について

クリックポストの追跡はいつシステムに反映されるのか?

 

全国一律185円で気軽に利用できるクリックポストは、追跡サービスも利用することができます。

 

しかし、いざ追跡してみると、追跡システムに反映していないケースがあります。

 

そこで、クリックポストが追跡システムに反映されるのはいつなのか?ということは気になる方も多いはずです!

 

今回は、クリックポストが追跡システムに反映されるのはいつなのか?について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

クリックポストの追跡はいつ反映される?

クリックポストが追跡システムに反映されるタイミングは、郵便局に届いてバーコードリーダーを通したタイミングです。

 

クリックポストは、ポストに投函して配送します。

 

そのため、郵便局の人がポストまで集荷し、さらに郵便局でバーコードリーダーを通したタイミングで反映されることになります。

 

その結果、クリックポストは追跡システムに反映されるまで時間がかかるのです。

 

クリックポストを追跡しても、追跡できない場合は、まだ反映されていない可能性が高いので、少し待ってみるのがおすすめです。

 

クリックポストの追跡で反映後のステータス

クリックポストが追跡システムに反映されると、まずは「引受」のステータスとなります。

 

この「引受」のステータスとは、郵便局がクリックポストを受け取ったことを意味しています。

 

つまり、クリックポストの受付が完了していることを表しているのです。

 

また、クリックポストの追跡では、「引受」のステータスの次は、「到着」なり「お届け先にお届け済み」となります。

 

「到着」とは、配送先エリアの郵便局にクリックポストが到着したという意味です。

 

そして、「お届け先にお届け済み」は文字通り、クリックポストが無事にお届けられたことを表しています。

 

スポンサーリンク

クリックポストの追跡で反映されない理由

なかなかクリックポストの追跡が反映されない理由は、大きく分けて2つ考えられます。

 

まずは、まだクリックポストが集荷されておらず、反映されていないケースです。

 

クリックポストは郵便ポストに投函できるため、集荷されて郵便局でバーコードリーダーを通したタイミングで反映されます。

 

そのため、郵便ポストの集荷時間によっては、なかなか反映されないことがあるのです。

 

また、郵便局側のミスの可能性もあります。

 

集荷されたクリックポストは、バーコードリーダーを通すことで追跡システムに反映されます。

 

逆に言えば、郵便局員がミスをして、バーコードリーダーに通さなかった場合、追跡システムに反映されません。

 

郵便局員も人間であり、ミスをすることもあります。

 

そのため、郵便局員のミスによって反映されないケースもあるのです。

 

クリックポストの追跡で反映されない場合の対処法

クリックポストの追跡で、反映されない場合の対処法としては、まずは待ってみるのが一番です。

 

まだ集荷されていないため、反映されていない可能性が高いです。

 

そのため、まずは待ってみるべきです。1日待っても反映されない場合、郵便局側のミスである可能性があります。

 

そのため、1日経っても反映されないときには、郵便局に問い合わせしてみるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ

クリックポストは、追跡サービスを利用することができます。

 

ただし、追跡システムに反映されるまでには時間がかかります。

 

なぜなら、クリックポストは郵便ポストに投函して配送することができます。

 

そのため、集荷されて郵便局でバーコードリーダーを通すことで、追跡システムに反映されるため、反映されるまで時間がかかるのです。

 

反映された後は、「引受」」のステータスとなり、「到着」「お届け先にお届け済み」の順に変化していきます。

 

追跡することで、クリックポストの状況がわかるので、ぜひ追跡システムを利用してみてください。

 

【関連記事】

クリックポスト追跡で反映される日数や配達までの日数はどれくらい必要?

 

スポンサーリンク

 

クリックポスト追跡で反映される日数や配達までの日数はどれくらい必要?

 

クリックポストは、日本郵便の便利な配送サービスです。

全国一律185円となっており、安価で配送できるだけでなく、追跡サービスまで利用することができます。

そこで利用の際に知っておきたいのが、クリックポストの追跡はいつ反映され、配達されるまでの日数はどのくらいなのか?という事ではないでしょうか?

今回は、クリックポストの追跡で反映される日数や配達されるまでの日数について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

クリックポスト追跡と反映される日数について

クリックポストは、追跡サービスを利用することができます。

クリックポストのマイページにログインし、追跡番号をクリックすることで追跡が可能です。

また、日本郵便のホームページにある「個別番号検索」からも追跡できます。

しかし、クリックポストは投函してすぐに追跡に反映されるわけではありません。

反映されるまでに少し時間がかかります。

なぜなら、郵便局の人がポストに集荷をしにいき、郵便局に届いてから追跡システムに反映されることになるからです。

クリックポスト追跡に反映される日数は、投函から数時間~半日ほどは必要です。

そのため、追跡しても反映されていない場合には、もう少し待ってみてください。

 

クリックポスト追跡と配達されるまでの日数

クリックポストが配達されるまでの日数は、翌日~翌々日とされています。

ただし、絶対に翌日~翌々日に配達されるというわけではありません。

そもそも、遅い時間にクリックポストをポストに投函した場合、配達受付は翌日の扱いになってしまいます。

また、遠方や離島なら、配達されるまでさらに日数がかかってしまいますね。

追跡で荷物が配達されたのかは、チェックすることが可能で、クリックポストを追跡してみて、「お届け先にお届け済み」のステータスになっていれば、クリックポストが無事に配達されたことを意味しています。

ちなみに、「お届け先にお届け済み」の前にステータスは「到着」なので、「到着」のステータスになっていれば配達されるまであと少しです。

 

スポンサーリンク

 

クリックポストは土日も配達される?

クリックポストの配達は、土日や祝日でも行われています。

これは、クリックポストを利用する大きなメリットでじゃないでしょうか?

土日を挟むことにより、配達日数が遅れるということはありません。

そのため、ある程度お届け日数を計算して発送することができ、配達日数については、土日を考えずに計算してOKです。

 

クリックポストは速達することができる?

クリックポストの配達日数を縮めるために、速達にしたいという方もいるのではないでしょうか?

しかし、残念ながらクリックポストは速達にすることはできません。

クリックポストは、速達オプションが用意されておらず、通常の発送しかできないのです。

また、配達の時間を指定したり、日数を決めたりすることもできません。

そのため、速達を利用したり、時間指定をしたりしたいなら、別の配送サービスを利用するべきです。

クリックポストは、安価で便利なサービスですが、速達や時間指定などはないので注意してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、クリックポスト追跡の反映日数や配達日数などを中心に紹介してきました。

クリックポストは、追跡システムへの反映まで時間がかかります。

ポストへの投函から、数時間~半日ほどは反映まで時間がかかるので注意してください。

また、配達日数は翌日~翌々日となっています。

しかし、遠方や離島だと、さらに日数がかかることもあるので注意してください。

クリックポストは、土日でも配達されます。

しかし、速達サービスや時間指定などはできません。

クリックポストには、メリット・デメリットがあるため、それらを考慮して利用してみてください。

 

【関連記事】

クリックポストの追跡はいつシステムに反映されるのか?

スポンサーリンク